ブログトップ

TK ブログ

愛媛センチュリー

9月2日(日)『愛媛センチュリー』

愛媛県サイクリング協会が主催する自転車イベント

当日は、スタート会場の伊予市民体育館に、参加選手に加えて中村愛媛県知事や中村伊予市長が祝辞を述べに来られていました。

f0064278_2114312.jpg


愛媛県では自転車による地域振興を進めているそうです。





ルートは、伊予市民体育館から海へ出て、海岸線沿いのR378を南下。
長浜を通過して保内から伊方へ、三崎港の手前で折り返し、
往復150数キロ(主催者発表では160km)

制限時間は8時間

ということは、ノンストップアベレージで20km/h

前半は平坦だろうが、海岸沿いということで風が心配
また、後半の佐田岬はアップダウンが大きそうで、ちょっとがんばらんと時間内完走は難しそうです。



天気は快晴。
こちらも熱中症や日焼け・風による疲労に注意せんといかん。



この大会は初参加なので、駐車場で横に停めてた人にコースの状況などを聞くが、やはり初参加らしくて、まぁ、作戦などもなく、とにかく無理せず休まずで完走を目指します。



装備はいつもどおりのキャメルバックスタイル。
ロード自転車で、このスタイルで走っている人は見たことがない。
まぁトレランのトレーニングも兼ねての自転車なので、このスタイルでいいのです。
背中にポケットの付いたサイクリングジャージを持っていないことが、このスタイルになる理由の一つでもあるのですが・・・



さて、0835、体育館をスタート
すぐに小さな峠越えがあります。
その後、海へ出て何十キロか海岸沿いの直線路を走ります。

ここの景色が最高。
海の色もいいし、遠くに見える薄い島影もきれい。

もう帰ってもいいくらいお腹満腹ですが、まだ半分も来ていない。

f0064278_21154029.jpg


佐田岬に入ると、やはり大きな上り下りの繰り返し。

黄色いジャージの集団と、緑のジャージの集団が前後にいて、
抜きつ抜かれつで、前に進んでいきます。



とはいっても、こちらは休憩なしでこぎまくっているのですが、
ジャージの集団は、シャーッと走っては、チームサポートカーのところで休憩。
そこを自分が抜き去る。

しばらくすると、またシャーッと抜かれる。

サポートカーで休憩しているところを自分が抜き去る

またシャーッと抜かれる

の繰り返し。



まぁ、競争でなくサイクリング。
にしても、サイクリングってこんなものなのかな。

f0064278_2115479.jpg


ジャスト3時間で三崎を折り返し、
まったく同じ道を引き返して、1515ころゴール。



最後の坂道で緑のジャージ集団に抜かれたっ!

パンクが1回、道の駅でトイレに立ち寄ったのが1回、
それがなかったら!

などと勝手な妄想をしつつ、
とにかく景色がよく、ほどよく走りやすいコースで、楽しめました。

来年も愛媛にいるなら、エントリーありかな。





さて次のイベントは四万十100km
まだまだトレーニングは続きます。



そうそう、駐車場で横にいた人は香川からの参加者で、
自分の6時間10分に対して、5時間ちょいでトップで帰ってきたそうです。
速っ!
[PR]
by tk2000kt | 2012-09-10 21:15 | 自転車