ブログトップ

TK ブログ

雪の三嶺

高知市内は、春をパスして夏の様相を呈している。
作業などしていると汗をかくシーンもある。

山の雪もそろそろ見納めかと、この土曜日に三嶺に向かった。



鏑木氏も、長時間のトレーニングが必要とコメントしているしね。



また、装備品もそろそろ準備が必要
欲しいと思っているウェアやアイテムも、サイズや色などこだわると、意外と品切れが多かったりして、
取り寄せ等に時間がかかる。

スタート時装備、デポ1(富士山こどもの国)、デポ2(本栖湖スポーツセンター)と、
それぞれの装備を、必要な量だけ用意しないといけない。

f0064278_13231178.jpg




また、超長距離で不具合がないかもチェックする必要があることから、今日は、本番装備でのトレイルランニングとして山に入った。





光石からインしてさおりが原に向かう。

カヤハゲから鎖場を経て三嶺山頂に向かう予定だ。

気温は10度を越えて暖かく、みどりも綺麗

f0064278_13234662.jpg


f0064278_13283665.jpg


さおりが原の先の尾根に出たとたんに、地面が凍った。

f0064278_1324092.jpg


UTMFは、舗装率が高いという情報もあり、今日はトレランシューズでなくジョギングシューズで走っている。
もちろんアイゼン、スパッツなし。

この凍った地面には、まったく歯が立たず、ツルツルすべる。

山の斜面ならと道を外れてみるが、その斜面も斜めに凍っていて歩くことすらままならない。

風も強くこれ以上の強行は遭難の危険が感じられたので、するっとUターンした。




下の分岐まで一旦降りて、青ザレから頂上を目指す。

f0064278_1324424.jpg


走れるところは走ったが、登りは傾斜がきつく、今回はトレランというよりも、ただの登山になってしまった。

頂上には2パーティー4人が先着していた。

f0064278_13253622.jpg


f0064278_13252199.jpg


この辺りも気温が高く、雪が溶けかけ。

雪面に足を載せると、膝上まで落ちることもしばしば。危なくてとても走れなかった。





◆行程◆
7:34 光石(ひかりいし)スタート
8:10 さおりが原
8:57 カヤハゲ手前尾根でUターン
9:36 さおりが原分岐
     青ザレから再アタック
11:16 三嶺頂上
12:23 さおりが原分岐
     フスベヨリ谷
12:58 八丁小屋
13:18 光石ゴール

26km/5時間44分



◆装備
finetrack パワーメッシュ、ドラウトエア
montbell トレントフライヤージャケット
SKINS A400
青ブレーカーパンツ
asics GEL-1170
ルーファス8
水2,000ml
ヘッドライト
GPS
シナノポール



◆チェック項目◆
足元が雪に埋まった際に、くつが脱げそうになった。
靴下は雪でびしょ濡れ。
靴下のスペアを持参してたのは正解
手を雪につくシーンが多かったので、防水手袋がベター
携帯やコンパス等の脱落防止のひもが、腕振りにじゃまだった。
水消費量:500ml
摂取行動食:パワーグミ、パワーチョコ、パワーバー



◆要購入品◆
テーピング30mm×800㎜
ファーストエイドキット
携帯電話バッテリー
アウターパンツ



雪山は今シーズンこれで打ち止め。

これからはロングの練習に入ろうかな。
[PR]
by tk2000kt | 2012-03-04 13:28 | マラソン