日記みたいな感じ


by tk2000kt

石鎚での耐寒テスト

この連休は、先に軽い捻挫をしてしまい、予定してたロングの練習ができなくなったので、
家族で雪山に遊びに行ってきました。

石鎚山成就社。

暖房のきいた旅館の部屋で、愛媛マラソンの中継見ながら昼間っからビール。

夜も子供と遊びながらごろごろ。

体がなまってしようがない。





翌日は三連休最終日なので、ちょっとがんばった。

朝6時に起きて石鎚山山頂へ。
朝飯食べて成就社をスタートしたのが0620

まだ暗くて、ライト点灯。
今日使ったヘッドライトは、ペツルのイーライト。
辺りが明るくなるまでのつなぎには、必要十分な明るさだ。

ウェアは、上がファイントラックのパワーメッシュにドラウトセンサー。
モンベルのトレントフライヤー

下はSkins A400タイツにモンベルのトレントフライヤー

UTMBに向けての耐寒テストだ。





出だしは少し寒さを感じたが、5分も歩くとその寒さは感じなくなった。

ちょうどよい感じだが、これで雨が降ったらどうやろう。

f0064278_20221619.jpg


f0064278_20223659.jpg


f0064278_2024329.jpg


登りはラッセルすることもアイゼンを付けることもなく、
1時間30分ほどで到着。

f0064278_20225088.jpg




下りは1時間くらい。
天気はいいが、雪がほとんどなくてイマイチ。



今回把握した要見直し項目は、グローブの見直しと、雨対策。

f0064278_20231144.jpg


気温-6℃
1982mの山頂付近で、手の指先がちぎれるほど寒く感じた。
モンベルのウィンドシェルグローブとTNFのフラッシュドライグローブの二枚重ねだったが・・・
これで雨に濡れた場合には、我慢できんかも。

それでもグーパーしてたら、いつの間にか寒さがなくなってたけど。



ウェアも、この日は快適だったが、UTMB2012のような天候の場合、対応できないような気がする。
装備が重くなったとしても、プラス1枚を考えないと!





それと、別の話ではあるが、この日、山頂でガスが晴れるのを待つ時間があったのだが、
その間、体が冷えた。

f0064278_2023334.jpg


ザックには、ダウンやエマージェンシーブランケットを持ってたが、
出すのと片づけるのが面倒で、使わなかった。

じゃぁ、なんで持ってきたの?

横着せずに活用する。
また、出し入れしやすいような工夫や慣れが必要だとも感じた。

まぁ、そこまで寒くなかったということかもしれないが、




とにかく、まだまだ装備の見直しは続きそう。








下山したあとは、成就社で、子供とソリ遊び。

f0064278_20235345.jpg


初めてのソリですが、落ちることもなく上手にバランスが取れてて、ジャマイカのボブスレーチームかと見間違うところやったよ。
[PR]
# by tk2000kt | 2013-02-12 20:24 | UTMB | Comments(4)

UTMB始動・・・かな?

さて、念願のUTMBに参加することとなった。

1月18日にエントリーの抽選結果発表があり、
これには落選したのだが、寄付することにより出場する道が残されており、
今回はこちらを利用して参加することとした。

UTMB (Ultra-Trail du Mont-Blanc)
スタートは2013.8.30 16:30

距離:168km
累積標高:9,600m
制限時間:46h



昨年完走したUTMFは、
距離:156km
累積標高:8,503m
完走タイム:45h21m



距離が12km多いことに対して、時間の余裕が単純計算で40分しかない。
標高2,000mを越えるピーク多数

開催地がフランスということで、時差や旅行による疲れ。

UTMFを完走した後、練習があまりできていない。

などなど、現状では、制限時間内の完走は無理っ!



なので、これから真面目に練習せんといかん。

週一で長距離を入れていきたい。
体が硬いので、ストレッチも十分に。
走らずに、筋トレやもも上げ、坂道ダッシュの日なども設けよう。、

減量目標は、‐5kg

その他、赤ちゃんのパスポート取得
装備品の準備
タイミングチャートの作成
などなど、



やることいっぱい。


やけど時間が取れんのよね・・・
[PR]
# by tk2000kt | 2013-01-27 13:58 | UTMB | Comments(0)

1歳のお誕生日

まぁ早いもので、光宏も1歳の誕生日を迎えます。


ビデオなどを見返すと、たったの1年で、大きく成長したのが分かり、
よくぞ元気に育ってくれたと思います。

一升餅背負いは案の定、大泣きというか、押しつぶされました。

f0064278_2361956.jpg


f0064278_2363895.jpg



将来占いは、電卓とおはしをほぼ同時につかんで、まぁやれやれなのですが、
合わせて置いたモンキーやトレランシューズに見向きもしなかったのがちょっとさみしい。


f0064278_2365446.jpg


写真は、レンチを無理やり持たせたもの。







さて、1歳になることだし、ちょうど寒波も到来したということで、雪を体験しに午後から梼原へドライブ。

f0064278_2381368.jpg


f0064278_2372079.jpg


f0064278_2373955.jpg


ゴム長を買ってやっていないので、あんまり遊べんかったね。

今度、ゴム長を買ってあげよう。

f0064278_2375312.jpg





手袋は、お願いしていいのかな!Sっちゃん。
[PR]
# by tk2000kt | 2012-12-09 23:08 | 赤ちゃん | Comments(2)

篠山

ほんま親バカ炸裂やと思うけんど、かわいくてしようがないなぁ。

今のうちだけかなぁ~

今日は高知県宿毛市と愛媛県旧一本松町の境にある篠山1064mへ行ってきた。

手足の先が冷えるので、次は工夫をしようかな。

f0064278_20514487.jpg


f0064278_20515865.jpg

↑↑↑ この尾根は延々と向こうまで伸びている。
次回、アタックしてみようかな。


f0064278_2052695.jpg


f0064278_20521525.jpg

[PR]
# by tk2000kt | 2012-11-25 20:53 | 山登り | Comments(0)

危機管理

あのその、
UTMF 2012 を完走し、勢いで八ヶ岳スーパートレイル100mileにエントリーしたけど、冷静に考えなおすとあの関門時間などは今の自分では無理であるということが分かり、戸隠にエントリーしたTKですが、



まぁその、「死人が出なかったのが幸い」などと言われる八ヶ岳、

今のところ本邦ではトレイルランニングレースで死人が出たという話は聞いたことがない。
主催者が十分な注意をはらっているからだろう。

しかし今後、いずれは死人が出ることもあるだろう。
危険が潜んでいるコースもあるし、
そもそもハードな競技なので、身体的な負荷も大きいし・・・




死人が出て困るのは主催者や遺族だけではない。
トレイルランニングが社会的に認められなくなると、
大会も減るだろうし、今の日本でのブームも一時的なものとなり、
日本で消滅してしまうかも。




エントラントもそんなことにならないように、マナーはもちろんだが、
危機管理もそれぞれでしないといけない。




これからの時期の防寒対策もそのひとつ。




前置きが長くなりましたが、
本題は、ユニクロのダウンの特別価格販売が今日までですということ。

4990円


この安さなら、トレランで汗だくにしても、
どろでよごしても、
自分で洗って失敗しても惜しくない。



ギュッとしぼってザックに忍ばせておける。

万里の頂上で雪に見舞われてもOK!
来夏のUTMBに持参するのもよし。



いかが?



今夜もネットで購入することができます。


f0064278_1858476.jpg

[PR]
# by tk2000kt | 2012-11-12 18:59 | トレイルランニング | Comments(5)
戸隠トレイルランニングレース



山頂付近の天候は晴れ、
氷点下5度
風速10メートル

スタート地点から見上げるスキーゲレンデの上の方は、真っ白。
明日はそこを登り、さらに山頂まで行く。

山頂付近の積雪は20cmほどだとか。

f0064278_16155471.jpg




まぁ雪道を走るのは楽しそうでイイとして、装備に悩む。

07時のスタート前は、かなり冷えるだろうから直前までアウターウェアが欲しい。
スタートするとすぐに登りになるので、体が温まるのは早いだろう。

問題は、山頂付近で歩きが入ったときに、体感温度がどれほどになるのか。
かなり寒いだろうから防寒対策は余るほどするべきだろう。





わずか45kmを走るために四国から750kmも離れた長野県戸隠村まではるばるやってきた理由は、
UTMBにエントリーするために必要なポイントを得るため。

不足していた1ポイントを獲得するために、遠い道のりをやってきた。

ハセツネの2ポイント、UTMFの4ポイント、
今回の戸隠の1ポイントによって、3レース以内で7ポイントという基準を満たすことになる。





さてレースの内容はというと、45kmを10時間以内なので、かなり余裕のあるもの。
同日、近所で開催されている『八ヶ岳スーパートレイル』とは大違い。

戸隠スキー場をスタートしてゲレンデを一気に登る。
1748mのピークをすぎると別のゲレンデを一気に下る。

次は1800mほどの別の山を一気に登り、また下るという、スタート直後に大きなピークを二つ処理するというもの。

f0064278_16163480.jpg



f0064278_16165817.jpg


ゲレンデ下りは雪の上を駆け下りるもので、なかなか楽しかった。
凍結した登山道の登り下りは、滑って転ばないように気が抜けなかった。

f0064278_1617145.jpg


ただ、景色は白馬などの北アルプスが絶景で、すごく良かった。
ここで脚を使いすぎてはいけないことは分かっているが、このイイ景色の所為で、ついつい速いペースで走ってしまう。

f0064278_16173287.jpg




山を下りると、よく整備された平坦な自然歩道を快走する。

f0064278_1618012.jpg


16km地点にある第一エイド辺りから足重く、歩きが入る。ペース落ち。

f0064278_16181959.jpg


階段でも息が上がる。
そのあと、さらにペース落ち。
戸隠神社や鏡池といった観光スポットを経由して第二エイドへ。

f0064278_16183832.jpg


25kmの第二エイド後の遊歩道、歩きが増える。
足が上に上がらない。

30kmの第三エイド後の牧場、視界をさえぎるものが何もない広大な牧場のど真ん中にコースがあるが、なぜか走る気にならない。

その後の長い林道も歩く。
山道の上りも当然、歩き。
この辺りから、足の痛み増加。
膝横の靭帯炎か!

最後のピークを越えて下りも歩く。
まめが右足小指にできた。
テーピングを巻いて処理。

f0064278_16192338.jpg


41km第四エイド手前辺りから、遅いながらも走りが入る。
残り2キロ辺りから、走りが増加。

ゴールタイムは8時間ちょいだった。




各エイドでは四万十ウルトラの失敗から、バナナやポテチ、コーラをきっちり補給した。
やはり、前半の下りを飛ばしすぎたのが悪要素だったか。

高知から愛媛に引っ越したあと、10キロを越える練習がほとんどできていなかった。
何より、やってやろうという気持ちが少なくなっているような。

新しいものにすぐ飛びつき、飽きるのも早いという性格が出たか。
もうトレランに飽きたのかな。





いやいやそんなはずない。
美しいモンブランの山々を見るまではやめられない。

帰路、家族とも電話で話し合い、やはりUTMBにエントリーすることにした。
体力や、頑張る気持ちが足りないように思われるが、まだ時間はある。
来年の夏に向けて、ゼロから準備を積み重ねよう。




とりあえずビールやめる!
[PR]
# by tk2000kt | 2012-11-07 16:19 | マラソン | Comments(4)
さて年内は、
2012.11.18、第一回龍馬脱藩の道トレイルランニング
これでたぶん打ち止め。


来年は、
2013.2.24、高知龍馬マラソン
2013.2下旬、第二回龍馬脱藩の道トレイルラン
2013.3.17、宿毛花へんろマラソン
2013.4、松野桃源郷マラソン
2013.5.3、朝霧湖マラソン
2013.5下旬、第三回龍馬脱藩の道トレイルラン
2013.6、愛南町いやしの郷トライアスロン
2013.8、双海トライアスロン
2013.8、UTMB
2013.10、ハセツネ


などと身勝手な妄想をしてみる。



この日は空けといた方がいいよという日があれば、
事前に教えてくださいね。
(エントリー代金が無駄になるので、)


2014年
[PR]
# by tk2000kt | 2012-10-27 00:11 | マラソン | Comments(1)

みつひろと石鎚山

さてさて、みつひろの山デビューです。

四国で山といえば、『石鎚山』

自分も赤ちゃんのころに、親に連れていかれてたので、
みつひろにもそうしてあげる。

麓では少し肌寒くなってきた9月の第三週目。

天候は快晴でもなく曇りでもなく、赤ちゃんにはちょうどいい天気。

土小屋からてくてく登りました。

f0064278_73758.jpg


f0064278_7363548.jpg



すれ違う登山者からは「赤ちゃんや!」とよろこんでいただきました。

f0064278_7373111.jpg


鎖場まで約2時間。

f0064278_7374923.jpg


ほぼ寝てたみたいだけど、泣くこともなく到着。
さすがにこのあたりでは寒くて、みつひろの肌が冷えてきたので、頂上は次回に取り置きして、下山しました。

f0064278_738133.jpg


まだ数年はベビーキャリーのお世話になるでしょうが、それを過ぎると、お父さんは遅くなって、置いていかれるんだろうなぁ。






まぁ、少しでも頑張れるよう今の内にきたえとこう。

PS.
翌日は、【リンク ウロボロス】の定例イベント(@瓶が森)に初参加。
肩に力がはいらない、いい雰囲気?のクラブイベントでした。

f0064278_7381719.jpg

[PR]
# by tk2000kt | 2012-09-25 07:39 | 山登り | Comments(2)

愛媛センチュリー

9月2日(日)『愛媛センチュリー』

愛媛県サイクリング協会が主催する自転車イベント

当日は、スタート会場の伊予市民体育館に、参加選手に加えて中村愛媛県知事や中村伊予市長が祝辞を述べに来られていました。

f0064278_2114312.jpg


愛媛県では自転車による地域振興を進めているそうです。





ルートは、伊予市民体育館から海へ出て、海岸線沿いのR378を南下。
長浜を通過して保内から伊方へ、三崎港の手前で折り返し、
往復150数キロ(主催者発表では160km)

制限時間は8時間

ということは、ノンストップアベレージで20km/h

前半は平坦だろうが、海岸沿いということで風が心配
また、後半の佐田岬はアップダウンが大きそうで、ちょっとがんばらんと時間内完走は難しそうです。



天気は快晴。
こちらも熱中症や日焼け・風による疲労に注意せんといかん。



この大会は初参加なので、駐車場で横に停めてた人にコースの状況などを聞くが、やはり初参加らしくて、まぁ、作戦などもなく、とにかく無理せず休まずで完走を目指します。



装備はいつもどおりのキャメルバックスタイル。
ロード自転車で、このスタイルで走っている人は見たことがない。
まぁトレランのトレーニングも兼ねての自転車なので、このスタイルでいいのです。
背中にポケットの付いたサイクリングジャージを持っていないことが、このスタイルになる理由の一つでもあるのですが・・・



さて、0835、体育館をスタート
すぐに小さな峠越えがあります。
その後、海へ出て何十キロか海岸沿いの直線路を走ります。

ここの景色が最高。
海の色もいいし、遠くに見える薄い島影もきれい。

もう帰ってもいいくらいお腹満腹ですが、まだ半分も来ていない。

f0064278_21154029.jpg


佐田岬に入ると、やはり大きな上り下りの繰り返し。

黄色いジャージの集団と、緑のジャージの集団が前後にいて、
抜きつ抜かれつで、前に進んでいきます。



とはいっても、こちらは休憩なしでこぎまくっているのですが、
ジャージの集団は、シャーッと走っては、チームサポートカーのところで休憩。
そこを自分が抜き去る。

しばらくすると、またシャーッと抜かれる。

サポートカーで休憩しているところを自分が抜き去る

またシャーッと抜かれる

の繰り返し。



まぁ、競争でなくサイクリング。
にしても、サイクリングってこんなものなのかな。

f0064278_2115479.jpg


ジャスト3時間で三崎を折り返し、
まったく同じ道を引き返して、1515ころゴール。



最後の坂道で緑のジャージ集団に抜かれたっ!

パンクが1回、道の駅でトイレに立ち寄ったのが1回、
それがなかったら!

などと勝手な妄想をしつつ、
とにかく景色がよく、ほどよく走りやすいコースで、楽しめました。

来年も愛媛にいるなら、エントリーありかな。





さて次のイベントは四万十100km
まだまだトレーニングは続きます。



そうそう、駐車場で横にいた人は香川からの参加者で、
自分の6時間10分に対して、5時間ちょいでトップで帰ってきたそうです。
速っ!
[PR]
# by tk2000kt | 2012-09-10 21:15 | 自転車 | Comments(0)

なんと黒尊スーパー林道

f0064278_828033.jpg

なんと黒尊スーパー林道に出た。



何年ぶりだろう。
[PR]
# by tk2000kt | 2012-08-04 08:28 | 山登り | Comments(0)