日記みたいな感じ


by tk2000kt

カテゴリ:マラソン( 40 )

第一回土佐之国横断遠足

今日は2014年5月25日、日曜日
今、足摺岬でぞくぞくとゴールしている人達がいる。

一昨日の金曜日、09時に室戸岬をスタートして、約242km
制限時間60時間のイベント

ネットで状況を見ながら応援してて、知人も先ほどゴール。
すごくうれしい。

写真などには写っていない苦痛やいろんなトラブルを乗り越えてのゴールだろうし、
何より、スタートまでの練習の積み重ねも大変なことだったと思う。

ゴール写真などを見てると、来年第二回大会があれば、自分もなんとか完走できそう!
がんばってみようかな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と思ったが、
おおきな勘違いであることにすぐ気が付いてよかったよかった。

めでたしめでたし。



走者のみなさん、スタッフ、応援の方々おつかれさまでした。
まだ走っている人、夜21時まで、まだ時間あります。
あきらめないでがんばって!
[PR]
by tk2000kt | 2014-05-25 09:27 | マラソン | Comments(0)
『第一回 高知龍馬マラソン』
なぜか調子よかった。

25年ぶりのサブ4
3時間43分でした。



前日に高知入りし、以前お世話になっていた枡形商店街に挨拶がてら、飲み!

ちょっと飲みすぎたけど、睡眠はバッチリ。

朝はおにぎりとバナナを食べた。



まぁ、4時間を切りたいなというのと、
UTMBに向けて、普段は着用しない帽子とサングラスを付けて走る練習と、
自作ゼッケンベルトのテスト、
足裏のケアクリーム「ガーニーグー」のテストが目的。

シャモニーは、天気がいいと日差しがきついらしいので、




f0064278_19203942.jpg



最初の10kmは押さえぎみに、
その後はちょっとオーバーペースぎみ。

難関の浦戸大橋はゆっくりだが、走って登れた。

f0064278_19201061.jpg


海沿いはやや向かい風のなか、側溝のふたの上を走り、ふたの切れ目を利用して、やや広めの歩幅をキープ。

補給は、四万十ウルトラの反省から、早め早めにチョコバーをかじった。

35km辺りから飽きてきたのか、前走者との間隔が空いたからか、ペースが落ちてきた。

まぁ、我慢の走りでゴールした結果は25年ぶりの3時間台でした。

上出来。





しんどいのきらいなので、スピードは求めてなくて、
どちらかというと160kmなど超ロングを坦々と走れる力を身につけたいのであるが、
やはり4時間切りという一つの節目を超えたことは、嬉しかったね。

というか、今までのマラソンは写真を撮ったりTwitterしながらとか、トレラン装備で走ったりしてたから、まじめに走ってればサブ4できてたのかもしれんなぁ。

今回は写真も撮らず、まじめに走りましたよ。






大会終了後も、会場の春野から、嫁が待つ仁井田の実家までジョギングして、この日の走行は60km

f0064278_19205762.jpg


それから車で宇和島市ま140kmのリエゾンをノンストップで、






今年最大の目標である制限時間内でのUTMB完走がすこしづつ近づいてるかな。








◇装備
シューズ:asics GEL-1170(TJG672)310g
靴下:X-SOCKS ランパフォーマンス
足裏:ガーニーグー
パンツ:TNF短パン
ニューハレテープなし。

finetrackパワーメッシュ
finetrackドラウトエアジップネック

TNFフラッシュドライグローブ

Ray Banサングラス
asicsキャップ



◇トラブル:なし
[PR]
by tk2000kt | 2013-02-25 19:21 | マラソン | Comments(0)
戸隠トレイルランニングレース



山頂付近の天候は晴れ、
氷点下5度
風速10メートル

スタート地点から見上げるスキーゲレンデの上の方は、真っ白。
明日はそこを登り、さらに山頂まで行く。

山頂付近の積雪は20cmほどだとか。

f0064278_16155471.jpg




まぁ雪道を走るのは楽しそうでイイとして、装備に悩む。

07時のスタート前は、かなり冷えるだろうから直前までアウターウェアが欲しい。
スタートするとすぐに登りになるので、体が温まるのは早いだろう。

問題は、山頂付近で歩きが入ったときに、体感温度がどれほどになるのか。
かなり寒いだろうから防寒対策は余るほどするべきだろう。





わずか45kmを走るために四国から750kmも離れた長野県戸隠村まではるばるやってきた理由は、
UTMBにエントリーするために必要なポイントを得るため。

不足していた1ポイントを獲得するために、遠い道のりをやってきた。

ハセツネの2ポイント、UTMFの4ポイント、
今回の戸隠の1ポイントによって、3レース以内で7ポイントという基準を満たすことになる。





さてレースの内容はというと、45kmを10時間以内なので、かなり余裕のあるもの。
同日、近所で開催されている『八ヶ岳スーパートレイル』とは大違い。

戸隠スキー場をスタートしてゲレンデを一気に登る。
1748mのピークをすぎると別のゲレンデを一気に下る。

次は1800mほどの別の山を一気に登り、また下るという、スタート直後に大きなピークを二つ処理するというもの。

f0064278_16163480.jpg



f0064278_16165817.jpg


ゲレンデ下りは雪の上を駆け下りるもので、なかなか楽しかった。
凍結した登山道の登り下りは、滑って転ばないように気が抜けなかった。

f0064278_1617145.jpg


ただ、景色は白馬などの北アルプスが絶景で、すごく良かった。
ここで脚を使いすぎてはいけないことは分かっているが、このイイ景色の所為で、ついつい速いペースで走ってしまう。

f0064278_16173287.jpg




山を下りると、よく整備された平坦な自然歩道を快走する。

f0064278_1618012.jpg


16km地点にある第一エイド辺りから足重く、歩きが入る。ペース落ち。

f0064278_16181959.jpg


階段でも息が上がる。
そのあと、さらにペース落ち。
戸隠神社や鏡池といった観光スポットを経由して第二エイドへ。

f0064278_16183832.jpg


25kmの第二エイド後の遊歩道、歩きが増える。
足が上に上がらない。

30kmの第三エイド後の牧場、視界をさえぎるものが何もない広大な牧場のど真ん中にコースがあるが、なぜか走る気にならない。

その後の長い林道も歩く。
山道の上りも当然、歩き。
この辺りから、足の痛み増加。
膝横の靭帯炎か!

最後のピークを越えて下りも歩く。
まめが右足小指にできた。
テーピングを巻いて処理。

f0064278_16192338.jpg


41km第四エイド手前辺りから、遅いながらも走りが入る。
残り2キロ辺りから、走りが増加。

ゴールタイムは8時間ちょいだった。




各エイドでは四万十ウルトラの失敗から、バナナやポテチ、コーラをきっちり補給した。
やはり、前半の下りを飛ばしすぎたのが悪要素だったか。

高知から愛媛に引っ越したあと、10キロを越える練習がほとんどできていなかった。
何より、やってやろうという気持ちが少なくなっているような。

新しいものにすぐ飛びつき、飽きるのも早いという性格が出たか。
もうトレランに飽きたのかな。





いやいやそんなはずない。
美しいモンブランの山々を見るまではやめられない。

帰路、家族とも電話で話し合い、やはりUTMBにエントリーすることにした。
体力や、頑張る気持ちが足りないように思われるが、まだ時間はある。
来年の夏に向けて、ゼロから準備を積み重ねよう。




とりあえずビールやめる!
[PR]
by tk2000kt | 2012-11-07 16:19 | マラソン | Comments(4)
さて年内は、
2012.11.18、第一回龍馬脱藩の道トレイルランニング
これでたぶん打ち止め。


来年は、
2013.2.24、高知龍馬マラソン
2013.2下旬、第二回龍馬脱藩の道トレイルラン
2013.3.17、宿毛花へんろマラソン
2013.4、松野桃源郷マラソン
2013.5.3、朝霧湖マラソン
2013.5下旬、第三回龍馬脱藩の道トレイルラン
2013.6、愛南町いやしの郷トライアスロン
2013.8、双海トライアスロン
2013.8、UTMB
2013.10、ハセツネ


などと身勝手な妄想をしてみる。



この日は空けといた方がいいよという日があれば、
事前に教えてくださいね。
(エントリー代金が無駄になるので、)


2014年
[PR]
by tk2000kt | 2012-10-27 00:11 | マラソン | Comments(1)
この週末は、徳島の剣山系で開催された「つるぎトレイルランニングレース」に参加してきた。

UTMFを終えたばかりなのに、鏑木さんがゲストランナーで来られるということで、
UTMFの苦労話とか聞きたかったので参加。

レースはロングクラスで43km

まぁ、100マイル走ったあとなので、43キロなどというものは短い短い。
あっという間だろ。

脚の痛みや疲労も感じられなかったので、軽くサクッと走り切るつもりが、
やっぱダメージあるね。

お尻のあたりに少し痛みがでて、
結果、昨年よりタイムが遅くなってしまったよ。

路面状況も最適で、渋滞もなかったにもかかわらず。
まぁ距離は数キロ増量だったのですが、

詳しいレポはめんどくさいので省略するが、景色は最高によかったね。
マイナーな登山道の先には、はじめて見る様な景色が広がっていた。

主催者に感謝です。

以下、写真をアップする。

f0064278_21554914.jpg


f0064278_21555930.jpg


f0064278_2156105.jpg


f0064278_21562033.jpg


f0064278_21563045.jpg


f0064278_21564073.jpg



ゴールに用意されていたこのソーメンが最高にうまかった。

f0064278_21565025.jpg


鏑木さんは、いい人だね。
いやな顔ひとつせず、いっぱい写真を撮ってくれました。
あかちゃんも脚をさすってもらい、将来は強靭な足腰になること間違いなし!
期待していい?

f0064278_21565934.jpg


どうもありがとうございました。
[PR]
by tk2000kt | 2012-05-28 21:59 | マラソン | Comments(0)
今夕、簡易なものではあるが、ようやくUTMFのルートが公開された。
区間距離や高度表、エイドの詳細、制限時間などは、まだ不明であるが、まぁこれらも近日中にはアップされそうなので、本格的に予定が立てられそうである。

【リンク】UTMF コース全体概念図


よかったよかった。

さて、身辺ではいろいろと大変なことがありますが、そんな中、日曜に近所のマラソン大会に参加してきた。

『テレビ高知健康マラソン大会』

f0064278_23511882.jpg


高知市郊外を14km走る大会。
道路の赤信号では止まったりするような大会です。

昨年は大会の2日前に東日本大震災が発生し、中止となった。

本年は、奇しくも311の開催であり、NIKE JAPANも、復興支援の一環として、NIKE+によるランニングイベントを同日に行っている。
【リンク】RUN together


NIKE+のユーザーが、この日に走った総距離によって、NIKE JAPANが寄付をするというもの。

健康マラソンは14kmと短いので、自宅から走って会場入りしました。

これで10km

マラソン大会も物足りないので、今回はベアフットで出走。
5本指靴下を忘れてきてたので、はだしにファイブフィンガーズ。

f0064278_23513855.jpg


UTMFには忘れ物をせんようにせんといかんね。
前に、マラソン大会にシューズを忘れて行って、ずっくで走ったことがあったけど、また忘れものとは反省が足らんです。

シューズ内の縫い目が皮膚とすれて、血だらけになってしまった。

f0064278_23515064.jpg


帰宅もジョギングで帰って、トータル40kmくらい。

多少は練習・復興支援に役だったかな。



とにかく忘れ物注意!
[PR]
by tk2000kt | 2012-03-14 23:52 | マラソン | Comments(0)

雪の三嶺

高知市内は、春をパスして夏の様相を呈している。
作業などしていると汗をかくシーンもある。

山の雪もそろそろ見納めかと、この土曜日に三嶺に向かった。



鏑木氏も、長時間のトレーニングが必要とコメントしているしね。



また、装備品もそろそろ準備が必要
欲しいと思っているウェアやアイテムも、サイズや色などこだわると、意外と品切れが多かったりして、
取り寄せ等に時間がかかる。

スタート時装備、デポ1(富士山こどもの国)、デポ2(本栖湖スポーツセンター)と、
それぞれの装備を、必要な量だけ用意しないといけない。

f0064278_13231178.jpg




また、超長距離で不具合がないかもチェックする必要があることから、今日は、本番装備でのトレイルランニングとして山に入った。





光石からインしてさおりが原に向かう。

カヤハゲから鎖場を経て三嶺山頂に向かう予定だ。

気温は10度を越えて暖かく、みどりも綺麗

f0064278_13234662.jpg


f0064278_13283665.jpg


さおりが原の先の尾根に出たとたんに、地面が凍った。

f0064278_1324092.jpg


UTMFは、舗装率が高いという情報もあり、今日はトレランシューズでなくジョギングシューズで走っている。
もちろんアイゼン、スパッツなし。

この凍った地面には、まったく歯が立たず、ツルツルすべる。

山の斜面ならと道を外れてみるが、その斜面も斜めに凍っていて歩くことすらままならない。

風も強くこれ以上の強行は遭難の危険が感じられたので、するっとUターンした。




下の分岐まで一旦降りて、青ザレから頂上を目指す。

f0064278_1324424.jpg


走れるところは走ったが、登りは傾斜がきつく、今回はトレランというよりも、ただの登山になってしまった。

頂上には2パーティー4人が先着していた。

f0064278_13253622.jpg


f0064278_13252199.jpg


この辺りも気温が高く、雪が溶けかけ。

雪面に足を載せると、膝上まで落ちることもしばしば。危なくてとても走れなかった。





◆行程◆
7:34 光石(ひかりいし)スタート
8:10 さおりが原
8:57 カヤハゲ手前尾根でUターン
9:36 さおりが原分岐
     青ザレから再アタック
11:16 三嶺頂上
12:23 さおりが原分岐
     フスベヨリ谷
12:58 八丁小屋
13:18 光石ゴール

26km/5時間44分



◆装備
finetrack パワーメッシュ、ドラウトエア
montbell トレントフライヤージャケット
SKINS A400
青ブレーカーパンツ
asics GEL-1170
ルーファス8
水2,000ml
ヘッドライト
GPS
シナノポール



◆チェック項目◆
足元が雪に埋まった際に、くつが脱げそうになった。
靴下は雪でびしょ濡れ。
靴下のスペアを持参してたのは正解
手を雪につくシーンが多かったので、防水手袋がベター
携帯やコンパス等の脱落防止のひもが、腕振りにじゃまだった。
水消費量:500ml
摂取行動食:パワーグミ、パワーチョコ、パワーバー



◆要購入品◆
テーピング30mm×800㎜
ファーストエイドキット
携帯電話バッテリー
アウターパンツ



雪山は今シーズンこれで打ち止め。

これからはロングの練習に入ろうかな。
[PR]
by tk2000kt | 2012-03-04 13:28 | マラソン | Comments(2)

LAST高知マラソン

先ほど、高知マラソンが県庁前をスタート。

f0064278_9452923.jpg


知り合いの息子さんがエントリーしてたので、応援に行ってきた。

世間の注目は東京マラソン。
特にゲブレシラシアの笑顔に注目されているのだろうが、

この「高知マラソン」歴史が相当深く、また、本年を最後に来年から市民マラソン化されるということで、
今後ますます注目されるであろう大会。


しかもスタートはココ升形!
出るしかないねっ!



高知放送では、テレビで東京マラソン、AMラジオで久保田アナが高知マラソンの実況中継。
なかなか大変しそう。


こちらも東京マラソン録画しながら、RKCラジオも録音しながら、
部屋のそうじと赤ちゃんのお世話でなかなか大変。
[PR]
by tk2000kt | 2012-02-26 09:46 | マラソン | Comments(0)

白石康次郎

SSERのHPで、仙波さんが紹介していた人物、白石康次郎(改名前の鉱次郎)

単独無寄港世界一周を世界最年少26歳で成し遂げたシングハンドセイラー

ヨットには興味がなかったが、物はためしと最年少ヨット単独無寄港世界一周のドキュメントを読んでみた。

本人いわく、
「世界一周をやめる正当な理由を見つけられるかと何度真剣に考えたか分からない。
それでもあきらめなかった。」


同じ言葉を、昨年のモンブランで鏑木毅さんも語っていたな。

無理して頑張りすぎる必要はないのだろうが、”あきらめない”ことが最終的な成功・ゴールへの道なのだろう。


f0064278_0173630.jpg



自分よりいっこ上のこの人物、いろいろ調べてみると、
その後、アドベンチャーレースや山岳耐久レースにもチャレンジしているそうで、

1997年のレイドゴロワーズ南アフリカ大会では、11位という好成績をあげている。
しかも同大会では、チーム「イーストウインド」の一員として参加。

ということは、そう、プロアドベンチャーレーサー田中正人氏とタッグを組んでたわけだ。



ますますますます興味がわいてきた。

【リンク】ご本人の公式ページhttp://www.kojiro.jp/
[PR]
by tk2000kt | 2012-02-23 00:17 | マラソン | Comments(0)
買ったばかりのジョギングシューズ、
ヒモは、いらないのです。

f0064278_21103392.jpg


昨年から、ジョギングシューズに利用しているコレ

f0064278_21111972.jpg



使いやすくてイイです。

ゴムひもですが、自然長ならダマになっている部分が、伸ばすと細くなり、くつの穴を通せます。
穴にとおした後、自然長にすると、ダマの部分が穴にひっかかり、くつを固定してくれます。

基本ゴムひもなので、脱いだり履いたりが楽です。

f0064278_21114536.jpg


ひも靴が、ズックのように簡単にはけます。

トライアスロンの人などが使っているそうです。

締め具合がちょうどいい感じになるように調整するのに、ちょっと時間がかかりますが、

決まってしまえば、ヒモがほどける心配いらないし、履いたり脱いだりするのも楽ちん。

イイですよコレ。

【リンク】『エクステネクス』
http://www.xtenex.jp/


高知なら、大丸北側のサンエスで売ってます。

お試しあれ!
[PR]
by tk2000kt | 2012-02-20 21:11 | マラソン | Comments(0)